コンタクトレンズ・メガネ処方

コンタクトレンズ処方について

コンタクトレンズは、黒目の部分にレンズを直接のせて、視力の矯正などを行う医療器具です。

ソフトコンタクトレンズ・ハードコンタクトレンズの2種類があり、視力の矯正や、近親・遠視・乱視などの屈折異常の矯正や、老眼の補正を行うことができます。

 

コンタクトレンズを安全に使用するには、眼科医の診察と適切なアドバイス、また定期検診が必要になります。目の症状に合わせた適切なレンズを処方いたしますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

※当院では、メニコンのメルスプランの取り扱いはございません。

メガネ処方について

老眼対策として有効な方法はメガネです。

メガネは着脱がしやすく、生活スタイルに合わせて使用することができます。遠用、近用メガネの他、遠近両用メガネなどもあり、目の症状に合ったものをお選びいただくことができます。

メガネの処方箋をご希望の方、メガネのご相談のある方は、お気軽に来院ください。

コンタクトレンズ処方の検査について

コンタクトレンズを処方するには、まず検査が必要となります。

当院では下記の検査を行ったのち、コンタクトレンズを処方しています。

1屈折検査

近視や遠視、乱視の度合いを測定します。今の視力を元に、レンズ装着後の適切な視力を確認し、レンズの度数も決定します。

2視力検査・眼圧検査

屈折検査後に視力検査を行います。見えるか見えないかの自覚的な視力を確認した後、眼球の内圧を測る眼圧装置で、眼球に瞬間的に空気を吹きつけ、角膜のへこみ具合から眼圧を測定します。

3細隙灯検査

暗い室内で目に細い光を当てて、角膜、結膜、水晶体などに異常がないか調べます。

4診察

目の健康状態や生活習慣などを考慮し、コンタクトレンズに適するかどうかを判断します。ここでレンズの形状やレンズの種類(ソフト・ハード)も決定します。

5フィッティング

実際にコンタクトレンズを装用し、付け外しの練習を行います。

正しい付け方やケア方法を事前にしっかりと確認し練習することで、コンタクトレンズを安全・快適に使用できるようになります。

誤った使い方や、目に合わないレンズの形状や度数のものを装着すると、目の損傷や視力低下に繋がる恐れがあります。コンタクトレンズをご希望の際は、必ず眼科医にご相談ください。

ご相談はお気軽に

目のことでお悩みがございましたら、あすなろ眼科まで。

  • 044-328-5076.png
  • アクセス・診療時間