小児眼科

小児眼科について

小児眼科では、乳幼児期から小児期までの視機能の発達やさまざまな眼疾患について、専門的に診断し、治療を行っています。

 

小児期までのお子さまの治療で重要なことは、早期発見・早期治療です。治療時期が早ければ早いほど、回復の可能性が高くなります。

 

小児期までは、視機能の発達においても特に重要な時期で、この時期に多く見られる疾患が、弱視や斜視、遠視や近視といった屈折異常などです。

ただ、お子さまは自分の症状を表現することができないので、目の症状や動きに関して気になることがあれば、お早めにご相談いただくことが大切になります。

乳児期〜幼児期頃のお子さま

小さいお子さまは、見えないと言うことができません。

保護者の方が、見えにくそう・目つきが悪い、おかしい・顔を傾ける癖がある、などの、お子さまの症状に気づいてあげることが大切です。

 

お子さまの目の症状について気になることがあれば、月齢に合わせた検査を行います。検査時には、できるだけ泣かないようにお子さまの状態に合わせて診察をいたします。

泣いてその日は検査ができなかったとしても、医師の経験値から、お子さまの病気の可能性を含めご相談させていただきます。

幼児期以降のお子さま

幼児期以降は、一番視機能が発達する時期でもあります。

もし、お子さまの目に屈折異常(近視・乱視・遠視)があると、はっきりと物を見ることができず、視機能は発達しません。
また、屈折異常があるのにメガネをかけずに放置しておくと、メガネをかけても視力が出にくくなってしまいます。

 

学校などの健康診断で再検査になった場合、またはお子さまの目に関して何か気になることがある場合は、丁寧に検査をし、視機能の発達改善にむけてサポートをいたしますので、お早めにご相談ください。

お子さまによく見られる疾患

小児期は、視機能が発達する時期です。

ただ、7、8歳になると機能が定着するため、何か気になることがあれば、早めに検査、相談いただくことが重要です。

斜視

斜視は、物を見ようとする時、片目は正面を向いていても、反対側の目が違う方向を向いてしまっている目の状態のことです。ずれの方向により、内斜視、外斜視、上下斜視、回旋斜視に分けられます。

生まれた直後から斜視の場合と、大人になるにつれ徐々に斜視が目立ってくる場合があります。

弱視

メガネをかけても視力が回復しない状態を、弱視といいます。

幼少期に、何かしらの原因で細かいものを見る脳や神経の働きが十分に成長しておらず、視機能の発達も途中で止まってしまうことによって起こります。

幼稚園や保育所での屈折異常を器械で測るオートレフ検査で異常が見つかった場合には、早めに治療を開始する必要があります。

色覚障害

色覚障害とは、本来見えるべき色が異なって見えてしまう・感じてしまう状態のことをいいます。

どんな色がどんな色に見えるのか、どの色が見えにくいのかを自覚し、色の誤りをしないように対策をする必要があります。

保護者の方へ

乳幼児から小児までの時期は、視機能の発達に一番重要な時期でもあります。

目の機能は、早期に対応しなければ回復できない場合もありますので、お子さまの目の動きや動作に少しでも違和感を感じるようでしたら、早めにご相談ください。

ご相談はお気軽に

目のことでお悩みがございましたら、あすなろ眼科まで。

  • 044-328-5076.png
  • アクセス・診療時間